自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

16日(土)夜『みんなでつくる中国山地』第2号発刊記念イベント

16日(土)夜、広島市内のソーシャルブックカフェ・ハチドリ舎で『みんなでつくる中国山地』第2号発刊記念イベントです。オンラインあるのでぜひお気軽にのぞいてみてください! この本の大きな魅力のひとつは、多様なみんなでつくっていること。第2号の執筆…

【18日まで半額】地域発信の教科書「ローカルジャーナリストガイド」Kindle版を発刊しました

一般販売しておらず、どこで買えるの?とたくさんの方から質問、要望をいただいていた日本ジャーナリスト教育センターがつくった地域発信の教科書『ローカルジャーナリストガイド』。このたび電子化されて、お求めやすくなりました…!来週18日(月)まではさ…

『みんなでつくる中国山地』2021年版の第2号、発刊しました!

100年続けることを掲げて仲間と創刊した『みんなでつくる中国山地』2021年版の第2号の発刊日!中国5県で同時イベントが開かれ、私は広島県安芸高田市のYoyon堂&ガレージはうすでの発刊記念イベントに参加。 たくさんの方がこの本を求めにわざわざ足を運んで…

10/9,10は『みんなでつくる中国山地2021』発刊まつりです!

大人の青春的に楽しんでいる、100年続ける年刊誌『みんなでつくる中国山地』。2021年版の第2号が10月10日に発売されます…!!!多くの仲間と心血注いでつくったので、しばらくはこの話題が続くと思いますが、、、 10月9、10日の2日間は中国5県を舞台に「発刊…

石見神楽のキーホルダー

気に入って長年使っていた石見神楽キーホルダーの大蛇(右)が壊れてしまいました… なので鬼(左)を使おうと思うのですが、また壊れたらと思うと怖くて使えない…! いつどこで入手したのか記憶が定かではなく、、どこで売っているか、または商品名、知って…

誇るべき地元の逸品・過疎ビール

「過疎ビール」。大好きな地元のクラフトビールです。過疎発祥地だからこそつくれた、つまり、足元の”資源”を生かしたものづくりというところが最高に素敵だし、このビールの登場をもって、『みんなでつくる中国山地』が掲げる「過疎は終わった!」というコ…

連載「島ではじめる未来の図書館」で対馬と小笠原の母島を紹介しました

ローカルジャーナリストの役割に、全国の地方、なかでも特に人が行きにくいところに足を運んで記録する、ということがあると思っていまして、そのひとつが図書館専門誌『LRG』で連載中「島ではじめる未来の図書館」です。 離島で図書環境を充実させる取り組…

中国山地ラジオ、楽しく出演中です〜茅葺再生プロジェクトと過疎ビール

ゆるゆると始めた「みんなでつながる中国山地ラジオ」楽しい…!Podcastでは「みなさん、生き生きしていて、元気がもらえる、おすすめです」とレビューもらいました。うれしすぎる。 なんだか思った以上にたくさんの方に聴いてもらえていて、感謝感激です。お…

島根県益田市「空水土」のハチミツと、まこもたけ

空水土coup mead (クーミードと読みます)という屋号で、島根県益田市でお父さんとハチミツをつくり販売している、いしだじゅりさん。 ハニー・オブ・ザ・イヤーで2年連続入賞!愛用していたのに、しばらく切らしていて、じゅりさん本人からようやく入手で…

誤配を積極的に楽しもう〜オンラインイベント「よそ者の公共性を考える」(アーカイブ視聴あり)

もう終わってしまったんですが、アーカイブが視聴可能なので、お知らせします。 9月5日(日)夜、福島の小松理虔さん、大阪の白波瀬達也さんとオンライントークしました。小松さんはもちろん存じ上げてましたが実はお初で、白波瀬さんとは先日『関係人口の社…

ついに!中国山地ラジオ登場しました!

最近あまり投稿できてなかった気がしますが、はじめての大学教員生活に慣れるのが精一杯、な日々です。ようやく春学期もおわり、ほっと一息。 忙しい中でも『みんなでつくる中国山地』の活動は、心の息抜きでもあり大人の青春でもあり、変わらず楽しくやって…

雑誌TURNSと北海道新聞で『関係人口の社会学』書評掲載

『関係人口の社会学』書評が、雑誌TURNSと北海道新聞に掲載されました。ありがとうございました!! 北海道新聞は、中国山地でもお世話になっている島根大学の作野先生が書いてくださいました。 www.hokkaido-np.co.jp 雑誌TURNSの方もいつもお世話になって…

「みんなでつながる中国山地ラジオ」スタートです!

車の運転中、なんか暇だなーとか退屈だなーってときありませんか?そんなときぜひ聞いてほしい「みんなでつながる中国山地ラジオ」スタートしました! 個人的にもラジオ好きなのでもう感激です…!!私も今後出演予定。運転や作業のおともにはもちろん、『み…

浜田市の若者会議が立ち上がりました

浜田市の若者会議が立ち上がりました。「こんな浜田だったらいいな」を市に提言するというのがミッションですが、それより何より、まずは浜田を想う仲間がつながる最初のきっかけになったらいいなと願って、ファシリテーターをつとめることにしました。 先日…

『関係人口の社会学』7/10日経新聞に藻谷浩介さんによる書評掲載です

『関係人口の社会学』7月10日(土)日経新聞に、藻谷浩介さんによる書評が掲載されました。関係人口を、いわゆる田舎=過疎地域問題だけに押し込めない視点がうれしかった。 本書が体系化するモデルは、大東京の都心においても、「本来の主体が主体たること…

一ヶ月のJCEJリレートーク、無事に終えました!

一ヶ月のリレートーク、無事に終えることができました!ゲスト、視聴者の皆さまには感謝しかありません。本当に本当にありがとうございました!! 結局ほぼ毎日聞いて、それぞれのインタビュー術やトーク内容、面白過ぎて、刺激を受けて夜眠れなくなる日々で…

いよいよ終盤、JCEJリレートーク。26日は私も話します

1か月にわたって毎日開催しているJCEJのリレートーク。いよいよ終盤、今週からは運営委員が登場します=私もインタビューします(22日火)&されます(26日土)。これまでのゲストが素晴らしすぎたので、プレッシャーで緊張します…! 「めっちゃいい話だった…

『関係人口の社会学』重版出来となりました…!

『関係人口の社会学』重版出来となりました…!応援、本当にありがとうございます!!学術書ということで高価で心苦しいところもありますが、手に取ってくださる皆さまのおかげです。ご指摘いただいた誤植を直して、準備中です(見つけて連絡をくれて感謝です…

こんな瞬間に立ち会えるなんて!と感激のJCEJの1ヶ月連続トーク、進行中です

こんな瞬間に立ち会えるなんて!!と、あまりの幸せに、運営側なんですが、感動して泣いてしまいました… JCEJの1ヶ月連続トーク。記者や発信者として、思いはあって、でもいま悩んでいる、行き詰まりを感じてもがいているような方にぜひ聞いてもらいたいです…

5/31から1ヶ月、JCEJ「ジャーナリスト図鑑をつくろう!」公開インタビューします

いよいよ明日5月31日始まります、一般社団法人・日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)のリレートーク。第一線で活動する方々と約1ヶ月にわたってお届けし、最終的には「ジャーナリスト図鑑」として冊子にまとめます。 この10年、本当に多くの方と一緒に活…

最近注目の本5冊(都市-農村とローカルジャーナリズム)

最近ご恵投いただいた本たち。同じく地域に生きるローカルジャーナリスト寺島英弥さんの『被災地のジャーナリズム』、離島の島根県海士町の出版社・海士の風が送り出した一冊目『進化思考』、鳥取大学筒井一伸先生の『田園回帰がひらく新しい都市農村関係』…

5月22日(土)14時〜// 田中センセイと杉川センセイのオフレコ会議 vol.1 //

明日22日(土)14時、4月から大きく環境が変わりまして、感じていることやどんな日々を送っているのかみたいなざっくばらんなお話が、聞き上手&話し上手な杉川さんと楽しくできればと思います。新著『関係人口の社会学』のお話も。楽しみです〜 ほたる荘と…

『関係人口の社会学』広告が掲載されました

本日5月17日付け山陰中央新報1面下に『関係人口の社会学』広告が掲載されました…!以下の新聞にも載る予定とのことなので、また見てみてもらえるとうれしいです。 東京新聞、新潟日報、信濃毎日、京都新聞、大阪日日新聞、神戸新聞、山陽新聞、中国新聞、熊…

『関係人口の社会学』(大阪大学出版会)発刊しました

本日4月25日、『関係人口の社会学』(大阪大学出版会)無事に発刊することができました。すでにたくさんの方々が予約したよ!と言ってくださっていて、うれしくありがたい限りです。忌憚のないご感想、ご意見いただけると喜びます。 読んだ方がどのような感…

ローカルもやもやLounge 2021春 「どうする?コロナ2年目のローカルプロジェクト」開催します

全国各地で活動するローカルプレーヤーがつながって、日々のちょっとした悩みや違和感を共有できる場になればいいな、という思いで、「ローカルもやもやLounge」という場をつくってみることにしました。 初回は4月17日(土)19:30~ 新型コロナウイルスも2年…

『関係人口の社会学ー人口減少時代の地域再生』予約が始まりました

ようやくご報告できます。『関係人口の社会学ー人口減少時代の地域再生』(大阪大学出版会)予約が始まりました…! 胸がいっぱいでうまく言葉になりませんが… 博士論文を改稿したので、前著『関係人口をつくる』とは文体やアプローチも大きく違ったものにな…

島根県立大学地域政策学部地域づくりコースに着任しました

島根県立大学に新設された地域政策学部地域づくりコースの教員として着任しました。キャンパスは浜田市にあります。地元の大学で人材育成に関われるなんてありがたき幸せ。地域の皆さまにたくさんたくさん力を借りることになると思いますので、ぜひ一緒によ…

『関係人口の社会学』ついに校了しました…!

『関係人口の社会学』先週の26日についに校了しました…!苦しかった(涙)最後、索引の直しがたくさんでゲラが真っ赤でした。連絡や返信、発信などあまりできていなくて心苦しい限りですが、明日あたりから復活していきますのでお許しください。来週からAmaz…

26日(金)17時〜島根の可能性と熱量を伝える配信イベント「年度末!!!! しまね24時間トーク 〈島根の人と暮らし〉」です

島根の仲間たちが今日26日(金)夕方からなんと!24時間連続で島根の可能性と熱量を伝える配信イベントをします。私の出番は、18時から「ローカルで書くことの意味 〜小さな価値をみつけていく(仮)」で、影山裕樹(編集者)さんや戸田耕一郎(映像クリエイ…

3月21日(日)江津の謎解きマップ

島根県江津市の駅前エリアで、地域の皆さんとマップをつくるお手伝いをしていました。地元の方と、昭和レトロ好きや赤瓦専門家、学生といった個性的なよそ者が出会い、毎回とっても楽しく発見の連続で、笑ってばかりの時間でした。地元の方が「江津って素晴…