自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

博士号、いただきました!

本日、博士号(人間科学)を、無事にいただきました…!もうなんと言えばよいのか、言葉では言い尽くせないさまざまな感情が渦巻いてます。ほんと苦しかった。この間、支えてくださった皆様に感謝しかありません。

博論の題目は「現代社会における地域再生主体の社会学的研究-関係人口に着目して」。地域を再生するのは誰なのか、関係人口はどんな役割を果たすのかがテーマでした。指導教員の吉川先生はもちろんのこと、副査の川端先生、高谷先生にも大変お世話になりました。出版できるように頑張っていきたいと思います。 

繰り返しになりますが、論を立てて執筆していくのはほんとに苦しくて、これをやっておられる研究者の方々ってすごいー!と尊敬の念が増しました。というか、正直に言うと、やっぱりあんまりできなかったなーと挫折感の方が大きい感じです…

昨年は博論集中のためお仕事大幅に控えてご迷惑もおかけしてしまったし、今年はバリバリ働くぞー!と思ってますので、お気軽にお声がけくださいませ。

とはいえ、まだ実感がわかなくて、少しぼーっとしてます。また博論を書いて感じたことなどまとめたいなとは思いますが、まずはご報告でした。関わってくれたすべての皆様、ありがとうございましたー!

f:id:terumism:20200325141952j:plain