読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

しまね地域おこし協力隊マッチングフェアin東京 終わりました!

本日は、しまね地域おこし協力隊マッチングフェアin東京 でした。人気雑誌ソトコトの指出編集長とトークさせていただきました!一義的には、島根県地域おこし協力隊として行きたいなと希望している方と、受け入れる側の市町村とのマッチングの手助けをする、ということが役割です。

指出さんとは、これまでもしまコトアカデミーなどでトークをご一緒させてもらっていたこともあり、さすがスムーズに答えていただき、私も楽しかったです!!

それより何より、今日のハイライトwは、市町村大喜利!でして。これまでは各市町村に、自分の町のPRポイントやどんな人材を募集しているかプレゼンをしてもらっていたのですが、観客側からみると、どうしてもおなじに見えてしまうし、延々と続くとどうしても集中力も切れ気味になってしまう…ということで、今回はフェアを主催する島根県さんと相談して、大喜利風スタイルでやってみよう!という初めてのチャレンジでした。

私が司会を務める形で「皆さんの町の魅力を教えてください!」「求めている人材像は?」といったお題に、各市町村の担当者が、スケッチブックに書いた回答を一斉に示して、やりとりをするという…イメージわきますでしょうか??初めてだし、結構、かなり、ドキドキしていましたが、市町村担当者もしっかり考えてくれて面白い回答があったりで、なんとか和やかに、ほぼ時間通り終えることもできました。

この後、各市町村が設けたブースに、それぞれの参加者が行って直接詳しく相談をしてもらうという流れです。心配で終了後に聞いて歩きましたが、おおむね好評だったようで、ほっとしていますが、アンケート見るまでは安心できない…うう心配。でもこんなチャレンジをさせていただける島根県に感謝!です。

全体としても、昨年よりも多くの方に来ていただくことができましたし、こちらもほっとしました。ご参加の皆さま、県や市町村の担当者の皆さま、本当にありがとうございます。さて、これから島根に戻ります。だって明日は、自主企画である鉄子と行く三江線の旅〜大人の春の遠足なのです。こちらも楽しみ!!!