自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

中国山地に暮らす私たちの、私たちによる、私たちのためのメディア『みんなでつくる中国山地』

雑誌『みんなでつくる中国山地』できました!中国山地に暮らす私たちの、私たちによる、私たちのための新しいメディアです。

なぜこれをつくろうと思ったのか、ちょっと長くなる&荒削りでもありますが、発起人の一人である私の視点で思い切って、綴ってみようと思います。

みんなでつくる中国山地

みんなでつくる中国山地

 

まず、縮小ニッポンなどの報道をみるにつけ、人口減少=悲惨という固定観念が強すぎるのではないかと感じていました。各地を歩いていて思考停止的に「人口減少が課題です」と眉間にしわを寄せて相談されるのですが、本当にそうなのでしょうか? 本質的な課題は、人口減少そのものではなく、現在の人口増加を前提した社会の仕組みが、人口減少時代に合わせたものになっていない、そのズレによって私たちが暮らしにくくなっている、そのことが本当の課題なのではないかと思うのです。

そう考えたときに、その課題を解決するためのソリューションや、もっと言えばイノベーションが、中国山地で先発的に起こっているのではないか。それは、中国山地が過疎の発祥の地と言われ、人口減少に20年以上前から向き合ってきている、つまり、人口減少の先行地域だからこその動きだし面白さだと感じています。

それなのに、どうしても地元に暮らしていると、その息吹が感じにくい。「過疎=人口減少が止まらない」という側面ばかりが強調されてしまっています。でも、きちんと目を凝らせば、新しい感性による新しい動きが確かに始まっていて、しかもそれは、今後の縮小ニッポンを考える上でも示唆に富んでいるように思うのです。

f:id:terumism:20191225164735j:plain

もう一つ、メディア論の視点からも、問題意識がありました。いま、地域の外に向けて地域の魅力を発信したい!というものが多いように思います。それはそれで否定しないし大事!!なのですが、でも、島根をはじめとした中国山地の現状を見たときに、外に発信する前に、まず地元の私たちじゃないか?とも思ったのです。

過疎が生まれて60年、この間、大きく人口が減り、経済も縮小する中で、どうしても誇りと自信を失いがちでした。だから「何もない」「こんなところ」という自虐的な言葉を聞くことも少なくありません。でも、そうではなく、前半にお伝えしたように、確かに新しい感性による新しい動きが芽生えていて、本当に面白くなっているのです。

このことをまず私たちが共有するのが何より大切なのではないか。「いま、中国山地が面白い!」。私は心の底からこう思っていますし、声を大にして叫びたいし、それを、地元のみんなで共有したい。そのためのメディアです。

だから、冒頭に書いた「中国山地に暮らす私たちの、私たちによる、私たちのための新しいメディア」なのです。

もちろん、中国山地は人口減少の先行地域という位置づけなので、他の地域の方々に読んでいただいても普遍性はあると思っています。人口減少が進んだ中国山地で起こっていることは、この先、同じように人口減少に悩む地域にも起こる可能性がある。

でも、繰り返しになりますが、この本を究極的に誰の何のためにつくるのかというのは、発起人でたくさんたくさん議論というか激論を交わしました。そして、地元の私たちが「これでいいのだ」と、地元の「今」やその面白さを共有するためである、というのが、たどり着いた結論です。(そのあたり、別の地域の読者の方に向けた説明がもう少し本の中で必要だったかなと、少し反省もあります…ごめんなさい)

f:id:terumism:20191008212416j:plain

以上が私の問題意識でした。私以外にも、発起人は「移住1%戦略」で知られる藤山先生や、私の山陰中央新報時代の先輩がおられて、それぞれまた違う問題意識で、中国山地編集舎を立ち上げることになりました。

その後、いろんな仲間に声を掛け、東西に長い島根のあちこちで会議をしながら、1年くらいかけてつくりあげてきました。その話はまたあらためて記録したいな。あと、中身の紹介ももっとしないとですね…!こちらもまたあらためて。

すでに手に取ってくださった方々もおられて、感想も寄せてくださって、本当にありがとうございます!全力を注いだという自負と、ちゃんと期待に応えうるものになっているのかという不安と、ない交ぜの葛藤の中でリリースしているので、皆さんの声にとても励まされています。感謝してもしきれません。

そして最後に大事なことを!この本は、読んで終わりではなくて、中国山地のはじめとした地域を想う人々がつながるためのきっかけ、手段であると考えています。だからこそ、そのつながる場として1月12日(日)島根県邑南町で、記念大会を開くことにしています。冬でお出かけにくいかなと思いますが、楽しい人たちが集まりますので、ぜひご検討ください。中国山地編集舎一同、お待ちしています。今後もこういう場をつくっていきますので、ぜひ一緒によろしくお願いします!!

note.com

 

地方発の新しいメディア『みんなでつくる中国山地』予約始まりました!

以前お伝えした地方発のローカルメディア、予約がはじまりました…!!!

こちら ↓ からお願いいたします…!

みんなでつくる中国山地

特集は「過疎は終わった!」「いま中国山地が面白い!」などなど。良かったらと言わずぜひ!手に取ってみていただけると最大最高にうれしいです。

terumism.hatenablog.com

そして来年1月12日@島根県邑南町での発刊記念シンポジウムの受け付けも始まってます。あらためてお一人お一人にお声掛けしようと思いますが、まずは概要をお知らせします。こちらも絶賛お待ちしておりますー!

note.com

 

「お疲れさま」にはまだ早い

皆さま、ご無沙汰しております…!ようやくようやく、なんとかなんとか、博士論文をまずは期限内に提出することができました。

でもですね、「お疲れさま」はまだ早いのです。これから厳正なる審査、そして修正が待っております。そこで大幅に修正が必要となれば、もしかしたら、半年後に出し直してね、ということも十分想定されます。

が、まずは期限内の提出という最低限の第一関門が突破できた、このことについてのみ、少しほっとしております。が、これから審査、修正が待っております(以下繰り返し…)

修士論文もキツかったですが、博士論文はレベルが違いましたね。まだ生々しすぎてとても語れませんが…11月ぐらいからの記憶がない…また振り返りはあらためてしたいと思います。死ななくてよかった…音信不通になってごめんなさい。

という私の悶絶ぶりをみて、このブログでも何度か登場している大切な友人でデザイナーのよーこさんが、提出のために大阪行きの飛行機に乗る私を出雲空港まで見送りに来てくれました…手書き応援メッセージ付き缶コーヒーを持って(写真)忙しいのに、本当に謎の情熱(笑)ですが、友人というのはありがたいものです。なんだかいい思い出になりました。人生は思い出でできている。

f:id:terumism:20191218110021j:plain

f:id:terumism:20191218111045j:plain





祝・JR芸備線全線復旧!備後落合駅の情熱のガイド・永橋さんの記事を公開しました

2018年7月の西日本豪雨災害の影響で不通になっていたJR芸備線が今日、1年3ヶ月ぶりに全線復旧、そして再開しました。関係者の皆さまありがとうございます!本当によかった!!

せっかくのこの機会に、私も大好きでリスペクトしている備後落合駅の永橋さんのことを紹介し、少しでも多くの方にJR芸備線に乗って備後落合駅を訪れてほしいと願い、博論の合間にYahoo!個人で記事を書きまして、公開しました!

news.yahoo.co.jp

よかったらと言わず、ぜひ!読んでみてください!そしてJR芸備線に乗って備後落合駅を訪れてほしいです。永橋さんのガイドは本当に素晴らしいです。永橋さんの情熱に触れ、木次線沿線の魅力大発表会も企画したほどです。私も早く会いに行きたいな。

terumism.hatenablog.com

terumism.hatenablog.com

ウェブに記事を書くのは苦手で億劫なのですが、タイトルや写真の選び方など沖縄タイムスの與那覇さんにアドバイスをもらいました。感謝。

災害で鉄道が被害を受けることも増え、心が痛いです。地域と鉄道について考えたいなと思われた方はこちらの記事も参考にしてみてください。

ローカル線は地域の”お荷物”なのか。鉄道と地域を考える

news.yahoo.co.jp

f:id:terumism:20171008144507j:plain



 

2019年10月、11月の登壇予定

博士論文の執筆が、いよいよ、いよいよ、大詰めです。なので、基本的には執筆に集中しているのですが、博士論文に直結する行事が2つありまして、その2つだけ登壇します。年内はこれで最後です。

香川県まんのう町での全国水源の里シンポジウム(11月7日)と東京での関係人口創出・拡大フォーラム(11月15日)です。2つとも「関係人口」について基調講演します。絶賛申し込み受付中なので、ご関心のある方はぜひ申し込んでみてください!

博士論文の方は草稿を書き、先生のアドバイスをいただいて、大幅加筆修正しているところです。まだまだ絶賛、産みの苦しみ中です…苦しい…

f:id:terumism:20191018164222p:plain

f:id:terumism:20191018164251p:plain

 

浜田開府400年祭のパネルディスカッションに登壇しました

13日に地元浜田市で開府400年を記念した式典があり、その中のパネルディスカッションのコーディネーター(司会)役を務めました。こうして地元からお声掛けいただけるなんてうれしくありがたく、何より、浜田に生きる20〜30代のパネリストの方々がとてもステキで、この方たちの想いを引き出せるといいなあと思って臨みました。

f:id:terumism:20191014204901p:plain

パネリストは、有機栽培のお野菜で知られている佐々木農場の佐々木啓介さん、全国で唯一というのどぐろの缶詰を生産しているシーライフの川上清貴さん、島根県立大学の小川さん、浜田出身で島根大学医学部に在籍中の西川さんの学生2人。

最初は皆さん緊張気味でしたが、途中からはすっかり慣れた感じで、終了後には「楽しかった!」と笑顔でした。「登壇している私たちが楽しくないと聞いてる方も楽しくないので、気楽に楽しみましょう!!」と言い続けたかいがありました。

終了後にいろんな方に声を掛けてもらいまして、とても好評でした。よかったーー!ほっとしました。本日付の新聞にも大きく掲載してもらったのでこちらもよかった。

f:id:terumism:20191014172248j:plain

もともと浜田含めた石見地域が大好きですが、この登壇をきっかけに、以前お世話になった人に再会できたり、高校時代の同級生からもメールもらったりで、とてもいい機会になり、さらに愛着も増しました!浜田藩の歴史のことも不勉強だったので、もっと勉強したいなとも思いました。そしてやっぱり生石見神楽にテンションあがりましたー

f:id:terumism:20191013141240j:plain

10月のお仕事や登壇はこれだけです。博士論文、集中してがんばります〜!

<追記>インターネットでも紹介してもらいました!

www.47news.jp

地方発の新しいメディア「みんなでつくる中国山地」2020年に始めます!

突然ですが、、地方発の新しいメディア「みんなでつくる中国山地」2020年に始めます。一緒につくってくれる中国5県の仲間を大大大募集!です。来年1月12日(日)に邑南町で集結できたらと思ってますので、ぜひぜひ空けておいてくださいーーー!

 博士論文のかたわら、1年以上前から準備してきました…ようやく日の目を見てうれしいような不安なような…詳しくはまたあらためて、ですが、今年は12月に狼煙号=準備号を発刊します。特集は「過疎は終わった」「いま中国山地が面白い!」の二本立て。たまにこのブログにも登場している藤山浩先生島根県立大学の豊田知世先生、そして学生たちや私が、論考、ルポ、座談会などでお伝えします。 

<狼煙号の概要>
特集1「過疎は終わった」
人口流出に歯止めが掛かりつつある実態をデータから明らかにする
特集2「いま中国山地が面白い!」
若い世代の変化の潮流を座談会やルポで浮き彫りにする

B5版、約200ページ、2000円(税抜き)
12月中旬、島根県内の書店やインターネットで販売予定

中国新聞毎日新聞日経新聞の本日付に掲載していただき感謝です…!ぜひ記事を読んでみていただけるとうれしいです。

www.nikkei.com

mainichi.jp

メンバーもFacebookに投稿してくれていたので、記録として転載しておきます。

「過疎は終わるので協力して欲しい」。
ちょうど一年ほど前に、頼まれたのが始まりでした。
 
確かに島根は過疎が最も進んだ地域の一つですが、裏を返せば人口減少の最先端で、これから日本社会か直面する課題と解決が潜在しているモデル的な地域だとは思っていました。でも「終わる」というキーワードは全くの想定外で、少々面食らったのを覚えてます。
さまざまな研究データやフィールドワークをもとに方向性を示してくださる地域研究の専門家、中国山地で起きている果敢なチャレンジを熱く語るジャーナリスト、中国山地の中でも代表的な過疎地域でイノベーションを起こす実践者・・・こんなメンバーと一緒に「中国山地編集舎」を立ち上げ、時には激論を交わしながらも、様々な地域を視察して、ようやくここにたどりつきました。
 
昨日、島根県記者クラブにてメンバーの一人として『みんなでつくる中国山地』創刊について記者発表してきました。12月にこの本を発刊することを発表したものです。ですが本来の目的は本の発行ではありません。2019年1月にはシンポジウムも開催しますが、みんなでつくるの名前のとおり、このメディアを通じて中国5県の中国山地の人たちが出会い、学びあう場所をつくり、これからの中国山地を考えていくことが目的です。

中国山地を考えることは、日本の未来を考えること」
中国山地編集舎の趣旨にはこの一文もありますが、中国山地編集舎のメンバーとしても、過疎地域に住む者の一人としても、多くの皆さんと一緒に過去を伝え、今を楽しみ、未来を考えていければいいなと思います。

このたび、年鑑「みんなでつくる中国山地」を発刊することになりました!まずは12月の狼煙号から。来年1月12日(日)にはシンポジウムもあります。
素敵なメンバーと出会えたこともうれしいですし、これからの新し出会いも楽しみです。
今の気持ちをまとめました。
https://note.mu/hhc/n/ne7eb3d508430

別件で記者発表には参加出来なかったのですが、地域発のローカルメディア&コミュニティづくりへの挑戦。「中国山地編集舎」にMYTURNとしても参画しています。藤山先生をはじめ皆さんとの出逢いが嬉しく、日々勉強させて頂いています。
狼煙号は12月中旬発刊。
記念シンポジウムは1月12日邑南町!

<追記>

このブログに多くの方がアクセスしてもらっているので、中国山地編集舎とAmazonのリンクを紹介しておきます。ぜひぜひよろしくお願いします!

みんなでつくる中国山地

みんなでつくる中国山地

 

cs-editors.site

f:id:terumism:20191008212416j:plain

↑県庁での記者会見の様子