自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

2019年3月の記録

3月は引き続きあまりお仕事もせず、ひたすら論文と本を読んで、博論の概要を固めました。1週間くらい、ずーーーっと連続して読んで、あーでもない、こーでもない、とうまく見えなくて、間に合うのだろうか…と珍しくw弱気になりました。下旬に指導教員の吉川先生との定期相談があったのですが、送ったメールにも弱気なことを書いてしまっていたので「どうしたのw」と心配してもらいましたが、先生の指導により、一気に方向性が見えてきた!!!!!本当によかった。心からほっとしました。まあでも実際に書けるかはまた別ですが、、がんばるぞ!

17日には、編集者の藤本智士さんと、大阪・枚方枚方蔦谷書店で、関係人口をテーマにトークでした。「関係人口という提案」の最終5回目。満員御礼ありがとうございました◎

www.facebook.com

藤本さんとはなんと、ちょうど1年間前の2018年3月17日にも秋田で関係人口をテーマにトークをしていたことがわかり、びっくり! 

花粉症の症状で少し辛そうでしたが、でもやっぱり、秋田の寒天に、お母さん方のクリエイティブが詰まっている話とか、伝説の雑誌「のんびり」の話とか、圧巻の面白さでした。藤本さん、皆さま、ありがとうございました!

f:id:terumism:20190414202518j:plain

 3月30日(土)は年度末お疲れさま会を、一緒に会社をつくって共同代表を務めている本宮理恵ちゃん&娘のさらちゃん、そして仲間の一人である三成由美ちゃんと焼肉!三成ちゃんはめでたく3月末で奥出雲町役場を退職して、個人事業主として羽ばたきます。素晴らしい。絶賛応援です!またこのブログでも紹介できるといいな。

f:id:terumism:20190414203714j:plain

本当に年度最終日となる3月31日は突然、近藤くんという『未来を変えた島の学校』にも登場している島前高校生が松江に来ることになり、一緒に食事しました。