読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

鉄子と行く三江線の旅〜春の大人の遠足 4/24です、ぜひ!

鉄道好きということは公言してきましたが!このたび、地元島根県のJR三江線で、イベントをすることになりました!「鉄分」多めの企画ではありますが…よかったらぜひ、ぜひご参加ください!こちらが概要です。列車に揺られながら、美味しいお弁当を楽しむ。お酒ももちろん大丈夫です。ぜひ一緒に鉄道旅を楽しみましょう◎

鉄子と行く三江線の旅〜春の大人の遠足」 
鉄子」とは、鉄道好きの女性のことです。ローカルジャーナリストとして島根を拠点に活動する田中輝美さんは、JR在来線をすべて乗るという「完全乗車」を果たし、雑誌で全国のローカル鉄道の連載も担当しました。そこまでさせてしまう鉄道の魅力とは。いつからどうやって全線を乗車したのか。どんな苦労があったのか。田中さんとざっくばらんに語り合いながら、江津から石見川本まで貸し切り列車で往復します。旅のおともは、江津本町の人気カフェ「豆茶花」のオリジナル弁当。お酒を飲みたい方はもちろん飲んでも構いません。鉄子と一緒に大人の春の遠足に出掛けませんか?

■旅行代金(江津駅発着)2500円
■出発日 平成28年4月24日(日)
■旅行日程 江津駅11時00分ごろ発、車窓を眺めながら昼食  石見川本駅12時過ぎ ・・・ 川本まちあるき(古本屋や喫茶店などを訪ねます)・・・・13時43分、川本出発、田中輝美さんによる鉄道旅の話  14時49分江津着、解散

*10時50分までに江津駅前に集合してください。臨時列車のダイヤは多少前後するこがあります。
*弁当、江津─石見川本間の運賃を含みます、運賃は貸し切り車両の料金となりますので、江津までの続きの切符では乗車できません)。また、江津までの交通費は別です。
*松江からお越しの場合は、松江発902→1050江津着のアクアライナー、帰りは江津発1519→1643の特急、または1449→1834着の普通列車(乗り換え有)があります。
*浜田からお越しの場合は、浜田発1013→1031江津着のアクアライナー、帰りは1521→1541のアクアライナーがあります。
■食事 昼食1回
■添乗員 同行しません
■最少催行人員 10名
■旅行企画・実施:石王観光㈱ 島根県知事登録 旅行業第2-37号 島根県浜田市高田町56番地 総合旅行業務取扱管理者 永井 敏雄
■お問い合わせ・お申し込み 石王観光 三江線沿線魅力化プロジェクト室(℡0855〜22〜2222)

■詳しい旅行条件を説明した書面をお渡ししますので事前にご確認の上お申し込み下さい。
■協力 三江線沿線魅力化プロジェクト実行委員会