読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

大阪UIターンイベント終わりました

大阪でのUIターンイベント、無事に終わりました。大阪にできた島根県の定住サテライトの主催です。ご縁に感謝。記録のためにも転載しておきますね。

【ミライつながる しまねラボ vol.1 「外から見たローカル、中から見えたローカル」】

日時:2016年9月21日(水)19:30~21:30(※受付19:15~)
場所:TAMcoworking(530-0053大阪市北区末広町3-7)
最寄駅:JR天満駅/地下鉄扇町駅 それぞれ5分弱
定員:最大20名
お申込み方法:メールにてお申込み下さい ※氏名・年齢・連絡先を明記
E-mail: koyojoho-tanto2@pref.shimane.lg.jp (担当/石黒)
お申込者多数の場合先着順になります。予めご了承ください。
主催:しまね定住サテライト大阪(島根県

「いつかは田舎暮らしをしてみたい」
「人や地域と関わりをもちたい」 など
『ローカル』への想いや関わり方はひとりひとり違っていて当たり前。

今回は、島根にUターンをし、ローカルジャーナリストとして地域の情報や魅力等を発信されている田中輝美さん
移住定住支援という形でローカルと関わられている川人ゆかりさん
お二人のゲストをお招きして、自分らしい『ローカル』との関わり方を考えます。

・移住の入り口を探している
・いつかは地元に帰りたい
・今の暮らしを変えてみたい 
・都市圏に居ながら地元を応援したい など
そんな想いを持っている方、どうぞお気軽にご参加ください。

【ゲスト紹介】
田中輝美さん
島根県浜田市生まれ。2014年に山陰中央新報社を退社し、独立。島根に暮らしながら、地域の情報や魅力等を発信している。著書に『未来を変えた島の学校』(岩波書店)、『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版)など。8月末、『ローカル鉄道という希望』(河出書房新社)刊行予定。一般社団法人・日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)運営委員も務める。

川人ゆかりさん
大阪市出身。大学卒業後、人材紹介会社にて約3年間採用支援業務に従事。退社後は学生時代からの旅を続ける形で世界一周。帰国後は「暮らす・働く・旅をする」をテーマにフリーランスとして独立。現在は、地域移住定住促進支援組織ローカルキャリアカフェを運営し、日本全国の地域をサポートしながら、企業の採用支援事業を行う合同会社ミラマールの代表として日々国内外を旅するように働いている。

【しまねラボとは】
しまねにご縁のある方々との交流を通して、自分の暮らし・仕事を含めたライフスタイルを考えるきっかけづくりの場として、毎回異なるテーマでしまね定住サテライト大阪が開催するイベントです。

f:id:terumism:20160921230552j:plain

終了後、へろへろになりながらも軽く打ち上げ。ありがとうございましたー!