読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由のドア

島根、ローカルジャーナリズム、ときどき鉄道

祝・鳥取に新しいコワーキングスペース誕生!

昨日のイベントの様子をお伝えします。あらためて、場所は鳥取市西町の綜合印刷出版社内。デスクやカッティングマシーンがあって、普通の紙の印刷はもちろんラベルの試作とかもできるそうです。社長の田村仁美さん曰く「印刷系コワーキングスペース」。ぜひぜひ立ち寄って使ってみてください!!県庁の近くです。

f:id:terumism:20160715191119j:plain

昨夜はそのオープニングイベント。私が島根で運営しているシェアオフィスについて、なぜ、どういう風につくって、7人ものステキな異業種の人たちがメンバーとして入ってくれるようになったのかをお話ししました。

 イベント参加者が30人と想像以上に多くて、すごく熱心に聞いてくれて、「自分も場づくりをしたい」という人もたくさんいて。こんなに関心が高いとは…!とびっくりでした。講演とかでもっとシェアオフィスの話をしてもいいのかも。

 そして、アンケートをみると「シェアオフィスへのイメージが変わった」「自分も小さくチャレンジしてやってみようと思う」といったコメントが。お役に立てたならうれしいです◎ 私自身もとっっても楽しかったです!ホントにとっっっっても楽しかった!貴重な機会をくれた仁美さん、参加者の皆さま、ありがとうございました。

 ちなみに、仁美さんが私のシェアオフィスメンバーの一人。オープンをお祝いしようと、同じくメンバーの浜田真理子さんと一緒に出掛けました。さらに、今後松江でコワーキングスペースの運営を考えているというおがっちさんも一緒でした。4人で記念撮影。

 写真に写っているここが印刷系コワーキングスペースです。ホントにぜひ使ってみてくださいね!私も鳥取に行くときは必ず寄りたいと思います。みんなでいい空間に育てていきたいです。

 田村さんは「印刷系」のコワーキングとのことですが、もっともっと「大工系」とか「音楽系」とか(例えばですが)いろんな形のコワーキングが増えて、地方で働く選択肢が広がっていくとさらに楽しいね、と盛り上がりました。詳細はこちらをご覧ください!

こちらの写真は、社長風wの私と、秘書風に電話をとる真理子さんと、お酒をつごうとしている仁美さん、です。

f:id:terumism:20160715191225j:plain